1、相続が発生した方へ - 相続お役立ち情報

相続の問題はいずれ誰にでもやってきます。

相続を開始したい・申告が必要な方

いざ相続になると、葬儀、初七日、四十九日など法事の手続に追われ、相続手続まで気がまわらないものです。
相続手続といっても、いったい何をすればよいのでしょうか。
まず何から始めればよいのでしょうか。

相続手続には期限が限られているものがありますので、まずはこれらから始める必要があります。

遺言書があった場合の検認の手続は遅滞なくする、相続放棄や相続の限定承認は3か月以内、所得税の準確定申告は4ヶ月以内、相続の申告は10ヶ月以内にしなければなりません。
そのためには相続人の確定や財産の調査が必要であり、また相続財産の名義変更もしなければなりません。
相続には煩雑な手続が山積されています。

千葉相続サポートセンターでは、相続が発生した方を全面的にサポート致しております。
相続手続でお困りのことがありましたら、何でもお気軽にご相談下さい!

相続が発生したら以下のような相続手続きが必要になります。

相続の開始

相続は、人の死亡によって開始します。
相続とは、亡くなった人が所有していた財産を受け継ぐということです。
財産には、プラスの財産である資産だけでなく、マイナスの資産である負債も含まれます。
財産を残して亡くなった人を「被相続人」といい、財産を受け継ぐ人を「相続人」といいます。
相続開始の時期は、被相続人が現実に死亡した瞬間であり、相続人がこれを知っていたかどうかは問いません。

なお、失踪宣告によって相続が開始することもあります。
失踪宣告とは、行方不明になった人の死亡が証明できず、また、認定死亡(危難に遭遇して生死が不明であるが、死亡が確実なときに戸籍上死亡とみなすこと)とするだけの事実もない場合に、行方不明になったときから7年後に死亡したものとみなしてしまうことをいいます。

死亡届の提出

人が亡くなると、まず市町村役場へ死亡届を提出します。
死亡届を提出しないと火葬や埋葬の許可がとれませんので、必ず提出する必要があります。
提出の期限は死亡後7日以内で、医師からもらう死亡診断書の添付が必要です。

相続手続の始まり

死亡届提出が終わると葬式、そして初七日、四十五日などの法要の手続きを済ませなければなりません。
他方、相続手続も進めなければなりません。

主な相続手続は次の通りです。

  • 遺言書があるかを調べる
    ・・・・遺言書が発見された場合には、遅滞なく家庭裁判所での検認の手続きをします。
  • 相続放棄・限定承認する・・・・これらの手続は3ヶ月以内にしなければなりません。
  • 所得税の準確定申告をする・・・・期限は4ヵ月以内です。
  • 相続人を確定する
  • 相続財産を調査する
  • 遺産分割協議をする
  • 生命保険の請求をする
  • 財産の名義を変更する・・・遺産分割協議書があれば、いつでもできます。
  • 相続税の申告をする・・・期限は10ヶ月以内です。

【ワンポイント】
相続手続のうち、まず最初にしなければならないことは、遺言書があるかどうかを調べること、相続財産(とくに負債)の調査です。

相続の流れ

千葉相続サポートセンター(高橋会計事務所)ご相談ください!
TEL:047-481-0434 対応時間:9:00~18:00(平日)
※ 土日・祝日を除く
24時間受付 オンラインお問い合わせ